ゆかた 洗い方

ゆかたの洗い方を楽にする為に

ゆかたの洗い方は楽ですが、ゆかた自体そう頻繁に何度も洗うものではありませんので普段からお手入れをしておきましょう。

ゆかたを脱いだらまず衣紋掛けにかけますよね。衣紋掛けとは着物用ハンガーの事です。

ここでのケアが後々のゆかたの洗い方を楽にします。

ゆかたに軽く霧をスプレーして通気の良い場所にかけておきましょう。汗や座りじわをしっかりと抜きます。

浴衣にシミなどを見つけたら裏側にタオルなどをひいてから中性洗剤を布に染み込ませてゆかたのシミのある箇所を

ポンポンと叩き、すぐに乾燥したタオルで水分をふき取るようにしてください。

しつこいシミなどがある時は、無理に自宅でのゆかたの手洗いを試したりせずクリーニングにお任せしたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

ゆかたの手での洗い方

ゆかたの手での洗い方は大きなたらいなどを用意します。たらいの中に水を張り、薄くホームクリーニング洗剤などの中性洗剤を溶かします。

ゆかたをきれいに畳んで、水の中に入れ上からそっと押す洗い方で汚れをとります。そのままひろげたりせずに、すすぐ時もゆかたを押す洗い方をしてください。

この洗い方でだいぶ浴衣の汚れは落ちます。畳んだまま軽く押して水気をきり、あとはタオルなどで水を吸います。

干す時は必ず日陰にし、衣紋掛けにかけてしっかりと形を整えます。

ゆかたの洗濯機での洗い方

ゆかたの洗濯機での洗い方にはまず下準備があります。ゆかたをきれいに畳んで、形の崩れやすい箇所をしつけ糸で留めます。

その後にきちんとゆかたを洗濯ネットにいれてください。洗濯機を使ったゆかたの洗い方でも中性洗剤を使用します。

水を張った洗濯機の中にゆかたをいれて手洗いモードなどの洗い方で洗濯機をまわします。

この時に柔軟剤を加えるとしわができづらくて仕上がりがきれいです。脱水は洗濯機でのゆかたの洗い方の中で一番しわになりやすい箇所なので注意をしてごく短い時間ですませるようにします。

干し方は手でのゆかたの洗い方のとかわりません。アイロンがけをする場合は慎重にゆかたを裏返してかけます。

ゆかたの洗い方のタブー

ゆかたの洗い方にはいくつか禁止事項があります。ひとつは高価な染物のゆかたは自宅での洗い方を試してみないことです。

こういったゆかたはとても色落ちしますので注意です。ふたつめは自宅でのゆかたの洗い方を実践する場合はかならず冷たい水をつかうこと。

温かいお湯や熱湯はNGです。ゆかたの生地も傷んでしまいますし、色も抜けやすい状態になります。

みっつめは必ずきちんと畳んでからゆかたの洗い方を実践すること。

あとでアイロンをかければいいと、まるめて洗濯してしまうと再起不能なぐらいしわだらけになります。型くずれもひどくてゆかた自体がボロボロになります。

よっつめはゆかたの洗い方を実践する場合に汚れがひどすぎるので一晩つけておく、など水にさらす時間を長くしないことです。

手短に済ませるのが最良です。洗濯表示をきちんと見て素材にあった浴衣の洗い方をしましょう。

ケア次第でとても長持ちさせることができます。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク