テーラードジャケット 歴史

テーラードジャケット 歴史

テーラードジャケットの意味をご存知でしょうか。

女性の衣服の中でもわりとフォーマルなのにラフという相対的イメージを持つジャケットです。

テーラードジャケットは、紳士服の製法をとられて作った上着のことをさします。

男性のスーツのような襟元が特徴でVゾーンをくっきりきれいに見せます。

その製法は、パーツごとに型紙を作り立体的に縫製することによってシルエットを美しく見せることが主な特徴といえるでしょう。

体系をすっきりとクールに見せることができます。

スポンサードリンク

テーラードジャケットの歴史

テーラードジャケットの歴史は、元々紳士服であったことから大変古いものです。

中世ごろの乗馬をする紳士の間でジャケットは流行しました。

フォーマルのスタイルからカジュアルスタイルに変化するまでにテーラードジャケットは長い歴史を経ています。

日本でも一時期フォーマルスタイルのジャケットが大流行したことがあります。

よくご存知のバブル経済期、そうDCブランドですね。DCブランドとはデザイナーズ、キャラクターズブランドということです。

代表的なものはコムデギャルソンではないでしょうか。

そして一時期沈静化するかにみえたテーラードジャケットは歴史に充電期間を得て2008年再び流行の兆しが見えます。

歴史あるテーラードジャケットのブランド

伝統と歴史あるテーラードジャケットのブランドといえば、ウールリッチではないでしょうか。

南極観測隊もこのウールリッチの衣服を利用したほど知名度のあるブランドですね。

フォーマルというよりもカジュアルな着こなしの合うテーラードジャケットを多く開発しています。

このウールリッチのテーラードジャケットにはしわがデザインされているものもあって、スタイルよくラフな着こなしができるので若い女性をはじめとして、メンズでも大変人気があります。

チェックのスカートやマフラーでよくご存知のバーバリーも伝統と歴史あるテーラードジャケットを販売しているブランドです。

バーバリーのテーラードジャケットは、ウールリッチよりもフォーマルな着こなしのものが多いです。

渋くて気品を感じさせるデザインで、黒やブラウンなどの定番カラーを多く販売しています。

高級ホテルでのランチなどに着ていくラフでフォーマルな装いに近いですね。

気品や歴史よりも着こなしの楽さを演出しているブランドはフレッドペリー。

現代風のクールな印象を与えています。縫製にもこだわりがあり、軽く着ておでかけができるのでミセスにとても人気があります。

スタイリッシュな着こなしで、バッチリ決めていても重さを感じないデザインです。

メンズテーラードジャケット

テーラードジャケットの歴史は、紳士服から始まったものであるので婦人服ばかりでなくメンズも注目してみましょう。

メンズテーラードジャケットは、ブレザーよりも軽めで普段着として活用されている方が多いです。

タンクトップやTシャツなどと合わせて黒やベージュ、カーキなどのカラーをさらっと着こなすのが粋です。

胸のVゾーンが特徴ですから、アクセサリーと合わせて若々しい印象を持たせてみるとおしゃれに見えます。

落ち着いたカラーのヴィンテージデニムともよく調和し、最近のファッションの流行になりつつあります。

テーラードジャケットは歴史あるものですが、このように近年でもスタイルの流行にあわせてデザインされていますので息の長い定番のファッションアイテムとなりつつあります。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク