HARAマキサニタリー

ハニーサロンのヒョウ柄バッグ

ハニーサロンのヒョウ柄バッグは、10代から20代の女の子の好みそうなデザインになっています。

リボンつきやファー付きのものもあり、派手になりがちなヒョウ柄をとてもかわいくアレンジしています。

おばさん臭くなくて上手にデザインに取り入れたものが多いのが特徴でしょうか。

おすすめはヒョウ柄ファーバッグ。

パッと見ただけではヒョウ柄には見えないふわふわもこもこのバッグで、ちょっとゴージャスな感じです。

女の子らしさを演出するのにはもってこいのデザインになっています。

裏地にもこだわりを見せているので、人前でバッグを開いた時にもおしゃれさを感じさせます。

スポンサードリンク

サマンサタバサのヒョウ柄バッグ

サマンサタバサ(SamanthaThavasa)のヒョウ柄バッグはデザインの幅が広いのが特徴です。

もちろんトートバッグなども揃えています。

派手すぎないシックな大人のデザインのものもあれば、思いっきりかわいさをアピールしたリボンつきのものもあります。

トータルで見ると柄物にありがちな自己主張が控えめなものが多いのではないでしょうか。

おすすめするのは、やはりサマンサタバサっぽいピンクの革を使用している系のバッグです。

このタイプはどれもデザインが個性的で、持ち手の部分などに工夫がこらされています。

このブランドも、ヒョウ柄ファー使いの上手なバッグが多いのでフェミニン系が好きな方ならチェックしておきましょう。

ハンジローのヒョウ柄バッグ

ハンジロー(HANJIRO)のひょう柄バッグは古着屋だけあってストリートっぽいものが多いです。

少しレトロ感があり、流行の最先端ファッションが多くある中で安定性があります。

カジュアルで利用できるデザインが多くなっているので、普段使いのバッグにぴったりです。

デニムを使ったスタイルによく似合うのではないでしょうか。

秀でて個性を感じさせる訳ではありませんが、長く使っていきたいのなら流行に左右されないものを選びたいものです。

ボッテガベネタのヒョウ柄バッグ

ボッテガベネタ(Bottega Veneta)は、イタリアンの高級な革製品をイメージしますが、ヒョウ柄バッグも揃えています。

定番になっているのが、ボッテガヴェネタヒョウ柄ショルダーバッグ。

奇抜さはないものの、幅広い年齢層で使えるデザインではないでしょうか。

さりげない高級感があり、ヒョウ柄の目が細かいのでケバケバしい雰囲気ではありません。

素材がナイロンということもあり汚れに強いので普段から持ち歩きたくなってしまいます。

また、ボストンバッグなどのタイプもあるので旅行などにも使えそうです。

通販でもよく取り扱われていますので、自分の好みのものを探してみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク