千鳥コート

千鳥格子のコート

少し肌寒い季節になってきましたね。インテリっぽい千鳥格子のコートでおでかけなんかいかがでしょうか。

千鳥格子というのは、鳥の群れに見立てた格子模様です。

マフラーやスカートにもよく使われているクラシカルな模様で、メンズのジャケットやパンツでも定番ですね。

白と黒、ブラウンと白のようなコントラストの強いカラーである事が多いのではないでしょうか。

千鳥格子のコートは、ニットのスーツとも合わせて上品な70年代風の着まわしをされている方をよく見かけます。

昔のファッション雑誌では必ずといって良いほど登場している模様でしたが、一時期を境にぱったりと見なくなりました。

みんな高級で都会的なスタイリッシュなファッションに夢中になっていたり、カジュアルファッションが注目されたりしていて千鳥格子は古臭い、おばさん臭い、遅れていると言われていましたが最近の古いものが新しいという風潮で

再びおしゃれなスタイルとして人気を集めています。

なので、千鳥格子のコートを着て出かけようとすると母親に「なつかしい格好をしている」といわれることもあるのではないでしょうか。

おかあさん世代の若い頃に流行したファッションを自分も愛用しているなんて、ちょっと不思議な気分ですよね。

スポンサードリンク

千鳥格子のコートはおしゃれなおでかけアイテム

千鳥格子のコートは、きれいで上品に男性に映るようです。

このコートはだぼだぼのコートでなく、ウエスト部分を絞ってすっきりとしたシルエットに見せるタイプのものが多いのではないでしょうか。

ほどよい高級感があって、タートルのインナー、ミニスカートにブーツスタイル、パンツスタイルにパンプスでも合わせやすいので通勤にもよく似合います。

OLさんは通勤の時には誰かしらにファッションチェックをされているようなものですよね。

スーツスタイルにトレンチでも良いですけれど、たまにはこういうお嬢様っぽいファッションもアリではないでしょうか。

普段のデートなんかのおでかけの時にも、男性にも好かれるデザインと柄ですからおしゃれな女の子に見えること間違いなしです。

メンズの千鳥格子のコート

おしゃれな男性にも千鳥格子のコートは人気が高いものです。

メンズでは、若い男性にはダッフルコートタイプ、通勤などに使ったり大人っぽいデキル男タイプの方にはトレンチタイプのものがよく選ばれます。

そして男性憧れのコートといえばやっぱり伝統のブランドバーバリーではないでしょうか。

バーバリーの千鳥格子コートは、千鳥の模様が細かくて遠くからみると一見グレーのようにみえます。

近くに寄ってみてはじめて模様に気づくようなクールな作りになっています。

おしゃれ感も抜群ですし、スマートに見せるので大人の男性なら是非とも注目してほしいアイテムです。

また若い男性には、全面に千鳥格子をデザインしたコートでも良いのですが、見えないおしゃれっぽさを演出する

裏地に千鳥格子を配置したものなんかはいかがでしょうか。

袖口やフードからちらっと見せる感じですから、シックなファッションによく似合います。

デニムのパンツと合わせてもサマになりますから、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク