バイカラーのジャケット

バイカラーのジャケット

バイカラーのジャケットは婦人服によく見かけます。

バイカラーとは、ツートンカラーのような二色使いという意味です。

このジャケットによくあるタイプは袖口、襟元などに別のカラーをあしらってエッジを効かせたものです。

単色であるよりも、シャープでスッキリとした印象になっています。

最近のものでは、ノーカラー(襟なし)タイプのバイカラージャケットが主流になっており、楽な着こなしをすることができます。

最先端というよりはすこしクラシカルなイメージの物が多く、カラーもモノトーンの白と黒などのものが人気です。

古臭い感じではなく、どんなスタイルの方でも合わせやすいので婦人服の定番アイテムと言えるでしょう。

スポンサードリンク

バイカラーのジャケットの着こなし

バイカラーのジャケットはフォーマルなスタイルのスーツでも使われているものが多いので、入学式のファッション、卒業式のファッションにもよく取り入れられています。

着こなしが楽で体型を選ばないので多くの方が1枚は持っていらっしゃいます。

このような入学式や卒業式は春先になるのでピンクに白などのやわらかいパステルのバイカラージャケットが人気です。

上品なお姉さま系のアイテムですから、着こなしを上手に見せるのならばあまり派手すぎるジュエリーとあわせるのはよくありません。

コサージュなどを胸元につけるのであればなおさらです。

他のイヤリングやネックレスは光沢があり、目立ちすぎないものを選ぶようにしましょう。

髪なども流行のゆるふわを取り入れてみたりして、おばさん臭くならない上品さを演出してみてください。

バイカラージャケットをおでかけに

バイカラージャケットは普段着というよりもおでかけファッションの要素の強いアイテムです。

若い女性でも大人っぽいファッションが人気がありますから、よく利用されています。

かわいさをアピールする着こなしならば中にシフォンのワンピースなどをあわせてもよいかもしれません。

あまり丈の短すぎるスカートよりもお嬢様系を意識したほうが上品にみえます。

パンツとあわせるのであれば硬くシャープな印象になりすぎないようにどこかに逃がすポイントを作ってみてください。

ファッションセンスというものは、ひとつひとつを見るのではなくトータルのコーディネートで決まりますのでバイカラーのジャケットを着たからお嬢様に見えると、そういう簡単なものではありません。

おでかけに着るのであれば、自分のイメージに近いスタイルを探してみることからはじめてみましょう。

柄物のように難しいものではないので1枚あればステキな着まわしを発見するかもしれませんね。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク