アバクロンビー&フィッチ

『アバクロンビー&フィッチ』が銀座に進出!

あの、「アバクロンビー&フィッチ」が、銀座に出店しました! 

「アバクロンビー&フィッチ」が何かというご説明をします。

「アバクロンビー&フィッチ」はセクシーかつ健康的なデザインが持ち味の、アメリカのカジュアルブランドです。

芸能人やセレブの愛用者が多い事でも知られています。

スポンサードリンク

『アバクロンビー&フィッチ銀座店』オープン

「アバクロンビー&フィッチ」が銀座に出店したという話を聞いて、「わあ、あのアバクロンビー&フィッチが銀座に進出したんだ」と、それを楽しみにしている声が多いですが、中には「『アバクロンビー&フィッチ』が銀座に新店舗をオープンさせるって言われても、今さらって感じだ」と、冷めた意見や、「本当に上手くいくの?」と心配する声も聞かれます。

ある意見によりますと、「日本人は新しいもの好きだが、飽きるのも早い。新しいブランドを根付かせるには、日本を知っていなければ難しい」との事です。

なるほど。確かに日本人は、良くも悪くも熱しやすく冷めやすいところがあり、そこを考えて自社のブランド戦略を展開していかなければ、「アバクロンビー&フィッチ」が銀座に進出しても、一過性のブームに終わってしまう可能性は否定出来ません。

(もっとも、外国に進出する時に、相手のお国事情を知らなければ上手くいかないのは、何も日本だけに限らないとは思いますが)

あと、「『アバクロンビー&フィッチ』が銀座に出店? 『アバクロンビー&フィッチ』って銀座ってイメージじゃないじゃん。出すなら原宿だよ」という意見もあります。

その意見をよく聞いてみると、「アバクロンビー&フィッチ」は、アメリカでは日本で言うところの高校生から大学生くらいの年齢層がターゲットになっていて、銀座で買い物をする年齢層がターゲットではない、と言うのです。

この意見ももっともなところもありますが、日本ではもっと上の年齢層でも「アバクロンビー&フィッチ」を買っていますので、私個人の考えでは、「アバクロンビー&フィッチ」が銀座に出店というのも悪くはないと思うのですが、それが表目に出るか裏目に出るかは、「アバクロンビー&フィッチ」の戦略にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク